Woocommerce+Storefront制作日記(2)

Storefrontを使って手軽にサクッとECサイトを作りたければ、カスタマイズ画面およびHomepage Controlだけでかなり行けるはず。

しかし、Featuredのコーナーで商品の順番が変えられず、しかもDESCがデフォルトになっているのに困り、これはフックでカスタマイズすれば良いことが分かったものの、やはりパラメータひとつ変えるのに関数を作るのか・・・とうんざりしてしまった。

やはり、カスタマイズらしいカスタマイズをするのであれば、カスタマイザのドラッグ&ドロップは忘れて、その代わりWoocommerceのショートコードを活用した方が良さそうだ。

【WooCommerce設定ガイド】 ショートコードで商品リストを表示しよう | WPショップラボ
WooCommerce(ウーコマース)では、画像付きの商品リストを表示させるショートコードが標準で用意されています。今回はそのショートコードについて、よく使いそうなものを中心に紹介・解説します。ショップのトップページのデザインにも使えるので覚えておくと便利です。
Shortcodes included with WooCommerce - WooCommerce Docs
WooCommerce comes with several shortcodes that can be used to insert content inside posts and pages. How to use shortcodes Where to use Shortcodes can be used o...

商品を単独で表示することもできるし、色々と小回りが利きそうだ。

テンプレート内で使用するならば、どこかにある該当の関数を使うか、単にecho do_shortcode()を使っても良いだろう。

ウーコマを使い倒すには、ショートコードの利用は必須と見た。

それと同時に、コード編集が得意でない、その他大勢の人がウーコマを使いこなすには、100$くらいの予算でプラグイン・テーマを買い揃える必要があることに気付いた。

この辺りが、もうひとつ爆発的に普及しない原因なのではないかと思う。

しかし、たとえWelcartを使ったとしても同じだろうなと想像する。

もちろん、カスタマイズせず、ほぼ与えられた形で使うのなら無料のものだけで全然問題はない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました